CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
占い
PR
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

天の岩戸は半開き

ごった煮状態のブログです(;´д`)
<< 曇り空 | main | なかなか >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
闇の子供たち (幻冬舎文庫)
内容(「BOOK」データベースより)
貧困に喘ぐタイの山岳地帯で育ったセンラーは、もはや生きているだけの屍と化していた。実父にわずか八歳で売春宿へ売り渡され、世界中の富裕層の性的玩具となり、涙すら涸れ果てていた…。アジアの最底辺で今、何が起こっているのか。幼児売春。臓器売買。モラルや憐憫を破壊する冷徹な資本主義の現実と人間の飽くなき欲望の恐怖を描く衝撃作。




映画にもなってますよね。

すごく重い作品です。
衝撃的な内容で、フィクションではあるけれど
でも、限りなくノンフィクション。


人身売買が悪だというのは当然で、
そう言い切ってしまうのは簡単だけど
この本の中にあった
「心臓移植をしないと あと1ヶ月で死んでしまう我が子のために
タイでの移植手術を決意する日本人の母親」
の話のような時、悪だと分かっていても 母親を責められない気がする。
この移植手術のために、タイの子供が殺されることになる。
でも、モラルうんぬんよりも、我が子を助けたいと思ってしまうのは
当然だと思う。


うーん・・・
いろいろ思ったことはあるけど
なんかうまく書けないというか、
すごく偉そうに(もしくは偽善的に)なりそうなので
やめときます。
| 気になるモノ | 14:13 | comments(5) | - |
スポンサーサイト
| - | 14:13 | - | - |
コメント
映画、見そびれたかな。
富める北、貧しき南、という構図なのかもしれないけれど。
従容として運命を受け入れる、ということの意味が良くわからないです。
映画、なんとかしてみたいなぁ。
| くりにゃー | 2008/09/02 5:08 PM |

映画観てみたいな。
ぼたもちさんの
うまく書けそうにないって
とこの内容もも知りたかった。
| | 2008/09/02 10:40 PM |

☆くりにゃーさま
映画は私も見てないんですが、ストーリーが少し違うのかな
本のほうがキツイようですが、読んでよかったと思います

| ぼたもち | 2008/09/02 10:45 PM |

☆(…誰かしら?w)
子供を売る親、そして 子供を玩具として買う大人
それは悪であって、加害者なんだけど
でも、ある意味 被害者でもあるんだよね 仕方ないというか。
そんなことなどを、つらつら考えたけど うまく文章にできませんでした。

たぶん映画のほうが、とっつきやすいかな。
ぜひ観てみて(*^∇^*)

| ぼたもち | 2008/09/02 10:53 PM |

オイラです!
名前入力したはずなのに
まことにすいまめーん
m(_ _)m
| ヒロ | 2008/09/02 11:18 PM |

コメントする